Our Philosopy

代表ごあいさつ

 

英語教育に携わり、早33年になりました。自分自身の海外生活や海外での子育てを通じて、英語のできる子どもの育成の必要性をますます強く感じています。 子ども達が、より楽しくより効果的に英語を学ぶ方法を研究し、提供し続けたいと思っています。English Pocketで身に着けた英語が、皆さんの夢を実現するための大きな力となるよう邁進します。

 

 

 

基本理念

校長 プロフィール

赤嶋かなえ

20代は塾講師、予備校の英語講師として受験の第一線で活躍。出産後は幼児の英語指導もスタート。2000年から3年間カナダのハリファックスに家族で在住。現地の幼稚園(Halifax Early Childhood School)、小学校(Inglis Street Elementary School)にて教務経験を積む。

2004年に帰国後は、東京、世田谷にEnglish Pocketを設立。オープン3週間で108名の方にご入会いただき、たちまち人気校となる。

その後、高円寺校、函館校、荻窪校、恵比寿校をオープン。

教務経験32年。英語を教えるための資格(TESOL, TEFL等)、小学校で英語を教える資格(J-Shine)等を保有。より効果的なレッスンを目指し、最新の英語学習法を研究し、オリジナルの教材の作成にも積極的に取り組む。

English Pocketでは学習アドバイザーとして保護者会、教材の説明会等で忙しい毎日を送る。プロとしての視点だけでなく、娘3人をバイリンガルに育てた母としての視点から保護者の方々にアドバイスを提供している。

保護者からのコメント

私の長男はプリスクールを卒業後、アフタヌーンクラスへ通っておりEnglish Pocketに通い始めて5年になります。

講師の方々は人柄良く熱心でレッスン以外でも笑顔で声がけしてくださいます。気がかりな時は、かな先生に相談させていただいたり、またスクールスタッフの方々からの適切なアドバイスにより信頼が生まれていきました。

プリスクールでの曜日ごとの科目レッスンによりスピーキング・ライティング力を伸ばし、遠足や季節のイベントをとても楽しみにしており、ワクワク感と一緒に経験や知識も増えていきました。

次男もプリスクールに通っており、今では兄弟でテキストや歌を共有し2人揃って英語を楽しんでいます。今後もさらに確かな英語力を身につけて欲しいと願っています。
深澤真織 

うちの子は4歳半から小学校入学までプリスクールでお世話になり、小学校2年になった現在も放課後クラスに通っています。

プリスクールに通われているお子さんは、2歳ぐらいから英語を始められる方が多い中で、うちの子は日本語が第一言語としてある程度固まってからの遅いスタートでした。しかし、スクールでは楽しい日々のアクティビティはもちろん、お勉強もしっかりみていただけるので、Phonics、Reading、Writingの力もしっかりつき、卒園時にはアメリカご出身の先生が「ReadingやWritingスキルは、ネイティブの子どもたちと変わらないかそれ以上」とびっくりされるぐらいに成長しました。

子どもたちが楽しんで英語をしっかり学べる環境を作ってくださった赤嶋先生には感謝しています。特に、入園時はオープニングということもあって同学年のお友達が少なかったのですが、上や下のクラスとつけることなく、少人数のままで進めてくださいました。赤嶋先生は、このように子ども第一の教育をされる方だと思います。

呉本美智子

二人の娘達は小1からスクールに通い始めました。今から10年ほど前のことです。
当時、子ども達はレッスンだけでなく、スクールで行われる様々なアクティビティを楽しんでいました。アルファベットチャレンジでは急に単語が読めるようになりました。娘達は、着実に英語が上達していくのが嬉しくて仕方がなかったようです。他の英語教室を体験した事がありましたが、少人数で丁寧にレッスンしてくださる教室は他にないと思っています。ネイティブと日本人のレッスン両方を受講し、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングそれぞれの力を満遍なく身につけて来ました。ネイティブ講師のレッスンは全てが英語ですが、子ども達は抵抗なく、どんどん吸収していきました。
娘達は、今年、大学生と高校生になりますが、大学生になる娘は英語が得意になり、この春英文科に入学します。
代表のかな先生は、英語のレッスンについていつも的確なアドバイスをくださり、とても信頼し、私は何度も相談させていただいております。今回、高校生になる娘には、更に英語力を身につけられるような学習のアドバイスをいただき、ますます期待しております。
苫米地彰子