Reading, Writing, Listening, Speaking全ての分野での確実なスコアアップを実現するIELTS対策コース

イギリス・オーストラリア・カナダなどの大学,大学院留学に必要となるIELTS(アイエルツ)のスコアアップを目指すなら、English Pocketの『IELTS対策コース』です。経験豊富なプロの講師と、様々な角度から研究・開発されたカリキュラムの双方を兼ね備えています。また、担任制の学習アドバイザーと留学カウンセラー、 両者のサポート体制も万全です。10回を単位としたコースではReading, Writing, Listening, Speaking全ての分野での確実なスコアアップを実現します。IELT対策クラスのチラシをダウンロード(PDF)

English Pocket IELTS対策コースの特徴

レベル別に3つのコースをご準備しています。適切なレベルで確実に実力アップを目指します。

Introduction Levelはネイティブによるレッスンに加えて、日本人講師による文法クラスが入ります。日本 人とネイティブとのコンビネーションで、より理解が深まり、最短での目標点数獲得を目指します。

時間割
13:00-15:00 A C B A C B A
16:00-18:00 B A C B A C B
19:00-21:00 C B A C B - -

1日2時間のレッスンです。Reading+Speaking, Writing+Listeningなど2教科を組み合わせて学習します。

IELTS(アイエルツ)とは

IELTS (International English Language Testing System、アイエルツ)は、留学や海外での就職、イギ リス、オーストラリア、カナダなどへの移住などの際に英語力を証明するための試験です。イギリス、オーストラリア、カナ ダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審 査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力証明のグローバルスタンダードテストとして世界中で受験者が 増え続けています。 ※IELTSは16歳以上の方を対象にした試験です。

テスト内容

IELTSには、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モ ジュールの2種類があります。どちらも、リスニング、リーディング、ライ ティング、スピーキングの4つのテストで構成されています。リーディング とライティングは、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モ ジュールでは試験問題が異なり、どちらのモジュールを受験するかは 事前に確認をする必要があります。English Pocketでは、アカデミッ ク・モジュールに対応する対策コースを行っています。


<アカデミック・モジュール>

アカデミック・モジュールは、受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達し ているかどうかを評価するものです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの大学や大学院では、ア カデミック・モジュールでの試験結果が入学許可の判断の基準となっています。 一般的に、大学や大学院において英語で学びたい方や、英語圏での看護師や医師登録申請をする方は、 このアカデミック・モジュールでの結果が必要です。

<ジェネラル・トレーニング・モジュール>

英語圏で学業以外の研修を考えている方や、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をされる 方は、ジェネラル・トレーニング・モジュールを受験することが一般的です。

テストの形式

IELTS試験の大きな特徴は、TOFELのようなコンピューターベースではなくペーパーベースの筆記試験で行われる 点にあります。問題用紙への書き込み(メモ)が認められています。スピーキングのテストは、面接官とのインタ ビュー形式となっており、受験生は2日間にわたって試験を受けることになります。

モジュール名 形式 時間 問題数
Listening リスニング 選択肢 or 記述 30分+10分* *解答を書き込む時間が与えられる 4セクション 40問
Reading リーディング 選択肢 or 記述 60分 3パッセージ 40問
Writing ライティング 記述 60分 2題
Speaking スピーキング 面接 11~14分 (後日開催) 3セクション

IELTSの試験内容

IELTSの成績証明書を得るには、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのモジュールを全て受験 する必要があります。4つのテストの合計所要時間は約2時間45分です。

リスニング、リーディング、ライティングの筆 記試験は同日に実施されます。

各セクションの間に休憩時間はありません。スピーキングテストはIELTSの世界的な規定により、筆記試験の前後6日以内に行われます。通常、筆記試験の翌日に実施されます。スピーキング試 験の日時の指定はできません。

アイエルツの試験問題は、国際性に重点を置き作成されています。例えばリスニングテストでは、さまざまなネイティ ブスピーカーのアクセント(北米、オーストラリア、ニュー ジーランド、英国)が使用されています。また、全てのパート において、各国の標準英語による解答(例:イギリス式 スペルおよびアメリカ式スペルの双方)が認められます。

IELTSの採点方法

IELTS(アイエルツ)は正解数に応じて厳密に点数が 出るのではなく、スコアに幅(スケール)をもたせた 1.0から9.0のBANDスコア(0.5刻み)で評価され ます。合格、不合格はありません。

リスニング、リーディ ング、ライティング、スピーキングの各パートごとの英語力がバンドスコアで示される他に、総合評価としてオー バーオール・バンド・スコアが与えられます。

入学・受入 条件は機関によって異なり、特定のパートでの最低得 点ラインを設けているところもあります。一般的に、大 学はオーバーオール・バンド・スコア6.0から6.5を入学 基準としています。

バンドスコア

BAND レベル 英語能力
9 Expert user
エキスパート・ユーザ
十分に英語を駆使する能力を有している。適切、正確かつ流暢で、完全な理解力もある。
8 Very good user
非常に優秀なユーザ
時折、非体系的な不正確さや不適切さがみられるものの、十分に英語を駆使する能力を有している。慣れない 状況においては、誤解が生ずること もありえる。込み入った議論に、うまく対応できる。
7 Good user
優秀なユーザ
時折、不正確さや不適切さがみられ、また状況によっては誤解が生ずる可能性もあるが、英語を駆使する能力を 有している。複雑な言語も概して 上手く扱っており、詳細な論理を理解している。
6 Competent user
有能なユーザ
不正確さ、不適切さ、および誤解がいくらか見られるものの、概して効果的に英語を駆使する能力を有している。 特に、慣れた状況においては、 かなり複雑な言語を使いこなすことができる。
5 Modest user
中程度のユーザ
部分的に英語を駆使する能力を有しており、大概の状況において全体的な意味をつかむことができる。ただし、 多くの間違いを犯すことも予想される 。自身の分野においては、基本的なコミュニケーションを行うことができる。
4 Limited user
限定的ユーザ
慣れた状況においてのみ、基本的能力を発揮できる。理解力、表現力の問題が頻繁にみられる。複雑な言語は使用できない。
3 Extremely Limited user
非常に限定的なユーザ
非常に慣れた状況において、一般的な意味のみを伝え、理解することができる。コミュニケーションが頻繁に途絶える。
2 Intermittent user
一時的なユーザ
確実なコミュニケーションを行うことは不可能。慣れた状況下で、その場の必要性に対処するため、極めて基本的な情報を 単語の羅列や短い定 型句を用いて伝えることしかできない。英語による会話、および文章を理 解するのに非常に苦労する。
1 Non user
非ユーザ
いくつかの単語を羅列して用いることしかできず、基本的に英語を使用す る能力を有していない。
0 非受験者 評価可能な情報なし

 

IELTSとTOEFL

日本ではIELTSよりもTOEFL試験の方がメジャーですが、近年に見るIELTSの受験生の増加には様々な 理由があります。TOEFLの試験は、最近主流になっているインターネットベイスドテスト、パソコンを使ってすべ ての分野の試験を行います。

しかし時にはパソコンの環境が悪く、試験中に突然フリーズしてしまうことも起こ っています。

また、TOEFLでは試験は一斉スタートではなく、開始時間が決まっていないため、自分が筆記 試験をしている時に、周りの受験生がSpeakingの試験やListeningの試験を受けることがあります。自分 のペースで試験を受けられず、試験に集中できずに実力が十分に発揮できないケースも多く耳にします。

それに比べ、IELTSの試験は、私達の慣れているペーパーベースの試験です。筆記試験+面接だからこそ本来 の実力がわかるので、IELTSは世界的に信頼されている試験といえます。

・複合問題(Integrated Task)がない

TOEFL iBTのWriting、SpeakingにはIntegrated Taskという複数の作業を組み合わせて解答する問題があり ます。文章を読み、それについての説明やレクチャーを聞き、さらにそれを受けて出題される問題の解答を頭で整理し て文章に書くといったものです。 実際の留学生活で必要な作業(教科書を読み、授業を聞き、レポートを書く)に則 した問題で、TOEFLの中でも難易度がとても高い形式です。IELTSにはこの複合形式の問題はなく、各モジュールで 求められる作業は決まっているため、難易度が低いとされています。

・スピーキングが面接なので易しい

TOEFLはコンピューターに向かってスピーチをする形式で、決められた秒数で意見をまとめ解答するという作業はとても 大変なものです。一方、IELTSは面接官とのインタビュー形式となっています。質問を聞き逃したらもう一度お願いしま すと聞き返すことができますし、相槌を打ってくれたりするので会話のペースを整えて話すことができます。

・リスニングでディクテーション方式が多く、書き込みながら聞くので易しい

TOEFLのリスニングは長いレクチャーを聞いた後に、その内容を問うような形式ですが、IELTSは図や文章の一部分を 穴埋めするような形式が多く、聞きながら答えを導き出すことができます。また、問題が流れる前に設問を確認する時 間、問題の合間に解答を確認する時間、解答を書き込む時間が別途与えられるので、先読みしたりする時間の使い 方のテクニックが有効といえます。

・リーディングの語数が多い

TOEFLのリーディングが1パッセージ約700語なのに比べ、IELTSのリーディングは1パッセージが約900語となっていま す。長い文章を読まなければいけないため読解スキルの足りない人は時間が足りなくなることもあり、難易度はIELTS の方が高いと言われています。

・試験時間が短い

試験時間が4~4.5時間あるTOEFLと違い、IELTSは2.45時間と短めなので集中する時間が少なくて済みます。し かし、受付に時間がかかったり、Speakingが午後で待ち時間があったり、別日程になることが多いので、あくまで試験を している時間が短いという意味では楽ですが、拘束時間自体はIELTSの方が長くなりがちです。

・筆記形式なのでケアレスミスに要注意!

TOEFL iBTと違い、IELTSは筆記形式であり、単語のスペルミスなどのケアレスミスの可能性が生じますので注意が必 要です。その反面、TOEFLはオンラインの試験ですから、英語のタイピングに慣れている必要性があります。

・料金が安め

2015年3月現在の時点でTOEFLは$230(受験日7日前までに申し込み/約27,600円/$1=120円で計算) IELTSは25,380円となっております。